プログラミング

プログラミング資格役には立たない?【プロがその真実をお伝えします】

 

プログラミング資格にはスキルの証明やキャリアアップのメリットがありますが、プログラマーに「資格はいらない」という意見もあります。

 

業界は実力主義であるため、資格試験に特化してしまうことで実力不足になることがあるということです。

 

また、コミュニケーションスキルの重要性も指摘されます。IT転職に有利な資格として、プログラミング言語、セキュリティ、プロジェクトマネジメントなどがあります。

 

この記事ではプログラマーがスキルアップする方法として、資格取得以外にもオンライン学習やプログラミングコミュニティの活用、自己学習の効率化についても解説します。

 

さらに、プログラマーに求められるスキルにはビジネススキルやチームでの仕事に必要なスキル、倫理観などもあります。本記事を読むことで、プログラミングスキルの向上について理解が深まるとともに、資格取得やスキルアップの方法について学ぶことができます。

 

 

プログラミング資格のメリット

 

プログラミング資格はスキル証明として利用され、新卒や未経験者にとってはアピールポイントとなります。

また、資格取得によってスキルアップし、キャリアアップの可能性を高めることができ、企業や業界にとって有利になります。

さらに、資格取得によって実務スキルを網羅し、業務範囲の拡大につながります。

 

スキルの証明になる

プログラミング資格は、スキルを客観的に証明することができます。

理由は2つです。

  • プログラミング資格は、各言語やツールの使い方や開発の知識を問うため、資格取得者のスキルが高いことが期待されます。
  • 企業やクライアントにとって、スキルを客観的に測る方法として、資格取得者を採用することで信頼性を高めることができます。

 

以下のような実例があります。

  • プログラミング資格取得者は、その資格に合格したことで自信を持って、スキルをアピールすることができます。
  • プログラミング業界で求められるスキルを持っていることを証明するため、資格取得者は採用面接で有利になることがあります。

 

プログラミング資格は、スキルを証明するために非常に役立ちます。資格取得者は、自信を持ってスキルをアピールできるだけでなく、採用面接でも有利になることができます。

 

キャリアアップの可能性を高める

プログラミング資格を取得することは、キャリアアップの可能性を高めることができます。

 

根拠は2つあります。

  • 企業やクライアントは、プログラマーに高いスキルを求めています。そのため、プログラミング資格を取得することで、より高いスキルを持つプログラマーとして認められる可能性が高まります。
  • プログラミング資格は、業界での競争力を高めることができるため、キャリアアップに繋がることがあります。

 

具体的には以下のようなことが考えれます。

  • 資格取得後、自分のスキルをアピールすることで、昇進や給与アップに繋がることがあります。
  • プログラミング資格を持つことが、求人市場での採用ポイントになることがあります。

 

プログラミング資格は、キャリアアップに繋がることがあります。資格取得者は、より高いスキルを持ち、採用ポイントとなることがあるため、キャリアアップの可能性を高めることができます。

 

業務範囲の拡大が可能になる

プログラミング資格は、業務範囲を拡大することができます。

 

理由は2つです。

  • プログラミング資格を取得することで、開発の視野が広がり、幅広い分野に対応することができます。
  • 多くの資格は、実務に必要なスキルを網羅しているため、新たな知識や技術を身につけることができます。

 

以下に実例のイメージを示します。

  • プログラミング資格を持つことで、異なる言語やフレームワークでの開発に対応することができます。
  • セキュリティ関連の資格を持つことで、セキュリティに関する知識を身につけ、セキュアな開発に貢献することができます。

 

プログラミング資格は、業務範囲を広げることができます。資格取得者は、新たな知識や技術を身につけ、開発の幅を広げることができます。また、セキュリティ関連の資格を持つことで、よりセキュアな開発に貢献することができます。

 

 

プログラマーに「資格はいらない」という理由

 

プログラマーに資格は必要ではない理由として、実力主義の業界であること、資格試験が実務スキルを十分に測れないこと、そしてコミュニケーションスキルの重要性が挙げられます。実力と実績が重視されるため、資格だけではプログラマーになることは難しいということになります。

 

実力主義の業界であるため

プログラマーには、資格よりも技術力や実績が重視される傾向が強いです。

 

  • Stack Overflow Developer Survey 2021によると、プログラマーの95.2%が自己学習でスキルを身につけている。
  • プログラマーが最も重視する求人要件は「業務で使用する技術」(64.4%)であり、資格はその中であまり重視されていない。

 

Google, Apple, IBMなどの大手IT企業は、学歴や資格よりも実力を重視し、資格を必須としない求人が多くなっているとも聞きます。

 

プログラマーの業界では、実力と実績が資格よりも重視されるため、資格は必ずしも必要ではありまえせん。

 

資格試験に特化してしまうため

資格試験はあくまで一定の知識を評価するものであり、実務スキルを十分に測るものではないという意見は根強いです。

 

資格試験は一般的に定型テストであるため、実務で必要な柔軟性や問題解決能力が十分に評価されません。

 

例えば、Oracle認定Javaプログラマー試験はJavaの知識を測るものだが、実務で求められるアプリケーション開発スキルやデバッグ能力を直接測るものではありません。

 

資格試験は一定の知識を評価するものだが、実務スキルを十分に測るものではないため、資格だけではプログラマーになることは難しいです。

 

コミュニケーションスキルの重要性

プログラマーにとって、コミュニケーションスキルも重要です。

ソフトウェア開発はチームで行われることが多く、コミュニケーションスキルが重要です。

GitHubの2017年の調査によると、プログラマーの35%が「プロジェクトにおいて最も重要なスキルはコミュニケーションスキル」と回答しています。

 

オープンソースプロジェクトに参加する際には、他の開発者と連携し、コードのレビューやフィードバックを受けることが一般的であり、コミュニケーションスキルが重要である。

 

プログラマーにとって、資格よりもコミュニケーションスキルが重要であり、チームでの開発やプロジェクト管理において大きな役割を果たします。

 

 

IT転職を有利にする役立つ資格

 

IT転職を有利にする役立つ資格として、プログラミング言語の資格、セキュリティ関連の資格、プロジェクトマネジメントの資格が挙げられます。

 

これらの資格は、スキルを証明し、競争力や市場価値を高める。プログラミング言語の資格は技術力を示し、セキュリティ関連の資格は専門知識を証明し、プロジェクトマネジメントの資格はマネジメントスキルを示すことで、それぞれIT転職で有利な立場を築くことができるからです。

 

プログラミング言語の資格

特定のプログラミング言語の資格は、IT転職においてスキルを証明し、競争力を高める事に寄与します。

Indeedの求人情報データベースによると、資格を持っている求職者は、非保持者に比べて高い給与を受け取る可能性があります。

また、特定の言語を求める企業があるため、資格はそのスキルを証明する手段となります。

 

例えば、Oracle認定JavaプログラマーやMicrosoft認定ソリューションデベロッパー(MCSD)は、求人市場で高い需要があり、競争力を高める資格と言えます。

 

プログラミング言語の資格は、スキルを証明し、IT転職で競争力を高める役に立つことは間違いないです。

 

セキュリティ関連の資格

セキュリティ関連の資格は、IT転職において専門知識を証明し、市場価値を高めます。

 

サイバーセキュリティの需要が高まっており、Indeedのデータによると、セキュリティ関連の職種は高い給与を提示しています。

セキュリティ関連の資格は、専門知識とスキルを証明するための手段であると言えます。

例えばCISSP(認定情報システムセキュリティプロフェッショナル)やCEH(認定倫理的ハッカー)は、セキュリティ専門職において高い需要があり、市場価値を高める資格である。

 

セキュリティ関連の資格は、専門知識を証明し、IT転職で市場価値を高める役に立ちます。

プロジェクトマネジメントの資格

プロジェクトマネジメントの資格は、IT転職においてマネジメントスキルを証明し、キャリアアップに役立ちます。

 

理由を2つほど挙げます。

  • グローバルなプロジェクトマネジメント手法を身につけることで、多様な業務に対応でき、幅広い職種への転職が可能になる。
  • Payscaleのデータによると、プロジェクトマネジメント資格を持つ人は、非保持者に比べて高い給与を受け取る可能性がある。

 

 

実例として以下のプロジェクトマネジメント関連資格はIT業界で広く認知されており、キャリアアップに役立つ資格である。

  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • ITIL(情報技術インフラストラクチャライブラリ)

 

プロジェクトマネジメントの資格は、マネジメントスキルを証明し、IT転職でキャリアアップに役立ちます。

 

 

まとめ:プログラミング資格役には立たない?【プロがその真実をお伝えします】

 

本記事では、プログラミング資格のメリット、プログラマーに資格が必要かどうか、そしてIT転職を有利にする役立つ資格についてお伝えしました。

 

プログラミング資格はスキルの証明やキャリアアップの可能性を高める一方で、業務範囲の拡大も可能になるというメリットがあります。

 

しかし、プログラマーにとって資格が必要かというと、実力主義の業界であることや、資格試験に特化してしまう問題、そしてコミュニケーションスキルの重要性から、必ずしも必要ではありません。

 

一方で、IT転職を有利にする資格として、プログラミング言語の資格、セキュリティ関連の資格、およびプロジェクトマネジメントの資格が挙げられます。

 

これらの資格は、競争力や市場価値を高めることで、転職を有利に進めることができます。プログラミング言語の資格は技術力を示し、セキュリティ関連の資格は専門知識を証明し、プロジェクトマネジメントの資格はマネジメントスキルを示すことで、それぞれIT転職で有利な立場を築くことができるとされています。

 

総じて、プログラミング資格は一定のメリットを持ちますが、プログラマーにとっては必ずしも必要とされていないものです。それでも、IT転職を有利に進めるためには、プログラミング言語、セキュリティ、プロジェクトマネジメントの各資格が役立つことが分かります。これらの資格を取得することで、より幅広いキャリアパスを描くことが可能になります。

 

 

-プログラミング